1陸技を受けた

結果は不合格。言い訳がましいけども、毎度のごとく無勉強だからしょうがない。
法規に限って言えば1アマの記憶が根強くあったようで科目合格してました。ぼちぼち工学で受かろう。

パソコンを自作した話②

・CPU要件

自作PCの醍醐味は自由に組み替えができるところです。しかしCPUやマザーボードといった主要部品は交換する機会が少なく、システム全体を更新するまで手付かずの場合が多いです。私自身この先、メインPCの更新はしばらく行わない予定(ココ重要)のため、現状コストが高めでも性能が簡単に陳腐化しないパーツを選定しました。

最近ではAMDのRyzenが人気ですが宗教上の都合でIntel i9 9900Kを選びます。8コア16スレッド、シングルコアの動作周波数5GHz、LGA1151とintelのメインストリームを担うCPUです。RAW現像でそのいかんなき力を発揮してくれるでしょう…。LGA2066でデュアルXeonも考えましたがさすがにお金ないです…。

銘柄:Intel LGA1151
電力:OC時200Wくらい
備考:要冷却、要VRM 

・ストレージ要件

ストレージの選定では保存媒体と接続方式、マザーボードとの対応を調べておく必要があります。特にM.2 SSDはSATAレーンと同じ帯域を利用している製品が多いため、SATA接続のドライブ数には注意しなければなりません。今回欲しているドライブの役割は以下のとおりです。

  用途保存媒体 容量 接続方式
Cシステム、メインプログラムSSD 512GB PCI-Express
DプログラムSSD1TBSATA
E写真編集SSD500GBSATA
Fドキュメント
(要バックアップ)
HDD2TB
RAID1
SATA*2
*OptaneMemory*32GBM.2
G,IリムーバブルドライブSSD
HDD
SATA*2

M.2 SSDをプライマリストレージにしました。SATA SSDと体感速度はほとんど変わらないですが、ストレージとしては最新の規格なので選んだ次第です。
OS、メインユースなプログラムを保存します例えばPhotoshop CCやIllustrator CCが該当します。容量は256GBで十分だと思うものの最近は512GBがコスパ良しなので採用です。
マザーボードに直付けしたくないためPCI-E x4に外付けします。この際、サーマルスロットリングを防止するため大型ヒートシンク+ファン(120mm)で冷却します。

セカンダリストレージはプログラムやTempデータを保管します。データの読み書きする際に一番活用するドライブです。この先いろいろデータが増えることを踏まえれば1TBあれば十分かなと思いました。また、OptaneMemoryを接続してM.2に近い転送速度を実現します。

サードストレージは写真や重いデータ編集のワーキングスペースです。
またドキュメントやサーバへデータを移す前のバックアップ用途として2TBのHDDをハードウェアRAID1にします。最後にサーバや他PCとのデータ移行を行いやすくするためリムーバブルドライブを設けます。2.5と3.5インチベイが搭載できるタイプを選定しました。
もはや実用性から離れて、ただ部品を取り付けたいという自己満の領域に至ってます。ここまで細分化し搭載数を増やす必要はないかなと思います。しかし趣味の世界なので…

電力:最大消費電力は40Wないくらいだと思います。Avgで25Wくらい?
備考:SATAは6ポート以上(M.2接続時の同帯域使用を考慮する)、M.2は1つを要すること。PCI-E x4が1レーン必要。

パソコンを自作した話①

学生時代に寄せ集めで作ったパソコン。これまでCPU換装やSSDとメモリ増設、GPU変更などで使い続けてきました。しかし、最近は大きなファイルの連続読み込みや高ビットレートな映像の視聴、RAW現像などで処理がもたつくようになってきました。

そこで新しく1台組むことにしました。

旧メインPCの構成

CPU Intel® Core™ i5-2320 4/4 3.0Ghz
マザーボード P8Z68-V PRO/GEN3
メモリー W3U1600HQ-4G 4GB*2
W3U1600HQ-8G 8GB*2
SSD Crucial BX300 CT240BX200SSD1 240GB
HDD Seagate ST500NM0011 500GB
GPU GTX760-DC2OC-2GD5
電源 Enhance SPSN-050P 500W
ケース Antec solo
CPUファン サイズ 虎徹SCKTT-1000

SandyBridgeが登場して8年が経ちました。現在でもオフィス用途や軽いゲームくらいであれば問題なく動くため使い続けている方が多い印象を受けます。

しかし現行Celeron が上記i5とほぼ同等の性能でありワットパフォーマンスが悪かったり、マザーボードが古いためSATA3.0がネイティブで2ポート限定やPCI-EがGen2だったりと古さが目立ちます。総じて大きな負荷の作業では苦しくなってきたのが実情です。

そこでどうせ自作するなら不満のない構成にしたいと考えていました。踏ん切りついたのは昨年12月。Paypayの100億円キャンペーンでした。ビックカメラやファミマのほかに、まさかツクモでも使えるとは思いませんでした。20%ポイントバックや10回に一度全額バックがあるなど、メモリが高騰する昨今でも一式安く組めると判断しました。

撮りたい写真とは?

たびたび「撮りたい写真は何なのか」という私自身の疑問であり周囲から聞かれるときがある.

風景写真は好きだし,何気なく写すことができた人の顔や仕草も好きだ.けれど具体的に撮り続けたいと思う被写体にいまだ出会っていない.
なんで改めた話をするかってーと,摩周湖で会った写真家の方に「地元でどんな写真を撮っている?」と聞かれた.言葉に詰まる.
その方はもうかれこれ10年以上”摩周湖”を撮っているらしい.惹かれるものがそこにあるのはわかる.実際私もその光景が撮りたくて出向いた.しかし,惹かれ度合いが,執念が,熱意が違う.一体どこから生まれてくるんだろう.
先日,写真フォルダを見返す機会があったが,ほとんどは記録写真でありどんなにシャッターを切っても切っても撮りたい写真の決め手が撮れていないと気づいた.…もしかすれば心打たれた光景を写真に残すことのできないもどかしさから逃げているだけなのではと思う.

理想が高すぎるあまり,撮りたい自然や風景から逃げているという答えなんだろう.

 

北海道を旅行した話

冬の北海道を旅行したくなりました。

決心のきっかけは田中道人さんのMARSHLANDという作品(Link)。枯木の隙間に見えた鹿が白く染まった大地に声を響かせると、釧路湿原の成り立ちが近藤好美さんの声で語られ、空撮で捉えられた美しい釧路湿原の紹介が始まります。
期間と行きたい場所だけ定め、移動手段は東京から北海道までは航空機、道内では鉄道を主体にしました。当初は青春18きっぷの運用を考えましたがLCCとJRのキャンペーンによって特急列車に乗車可能なひがし北海道フリーパス(Link)がお得に入手できます。旅程は以下の通りです。

3月19日 成田空港→新千歳空港→帯広
3月20日 帯広→釧路→根室→根室岬→釧路
3月21日 釧路→釧路湿原→釧路市内→桂台
3月22日 網走市内散策(バス)→旭川
3月23日 旭川→美瑛→青い池→旭川→札幌→小樽
3月24日 小樽市内散策(徒歩)→新千歳空港→成田空港

続く…?

サーバ証明自動更新のエラー修正ほか

・エラー修正
サーバ証明の更新時にエラーメールが届く。
エラーは以下の通り

Attempting to renew cert (email.domain) from /etc/letsencrypt/renewal/email.domain.conf produced an unexpected error:
Problem binding to port 443: Could not bind to IPv4 or IPv6.. Skipping.
All renewal attempts failed. The following certs could not be renewed:
  /etc/letsencrypt/live/email.domain/fullchain.pem (failure)
1 renew failure(s), 0 parse failure(s)
完了しました。

letsencrypt導入時の設定が問題だった。certbot-auto renewal実行時にnginxが443ポートを使っているためエラーが生じていた。
認証方式をstandaloneからwebrootへ設定変更。/etc/letsencrypt/renewal/email.domain.confに以下を記述

#authenticator = standalone
authenticator = webroot
[[webroot_map]]
mail.domain = /usr/share/nginx/html

 

・本サイトのSSL化
諸事情で本サイトは SSL化せずにいた。wordpressのプラグイン修正で問題解決したためSSL化した。
調べればわかるが証明書発行は以下のコマンドでできる。

/usr/local/certbot/certbot-auto certonly --webroot -w /usr/share/nginx/html -d domain.name

リダイレクトの設定などはtsuchikazuさんという方のブログを参照

証明書を nginx へ設定

nginxの設定を変更してSSLを有効にしましょう。設定ファイルはこんな感じになります。

# httpはhttpsへリダイレクト
server {
  listen 80;
  server_name tsuchikazu.net;
  rewrite ^ https://$server_name$request_uri? permanent;
}
server {
    listen 443 ssl;

    server_name tsuchikazu.net;

    ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/tsuchikazu.net/fullchain.pem;
    ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/tsuchikazu.net/privkey.pem;
    ssl_session_timeout 1d;
    ssl_session_cache shared:SSL:50m;
    ssl_session_tickets on;
……

参照 Let’s Encryptの証明書をnginxに設定してhttps化した | tsuchikazu blog

九州へ出かける

とある用事で九州に出かけてきました。
この際、同期二人がミステリーツアーを計画していたためひっそりと同行です。

岡山から新幹線で博多へ。用事までは時間にずいぶん余裕があるため博多の陥没地跡を見学。
この事件はテレビのニュースで知りました。コンビニの手前ギリギリまで陥没していたのが印象に残っています。
訪問当日は路上で工事が行われていました。

 

陥没跡を見て満足してぶらぶら歩き続けます。ここにきて到着時間の制約に気づき、慌てて博多駅に戻り特急 白かもめ17号に乗車です。
鈍行列車よりも到着時間は10分しか変わらないが…もともと乗ることが目的らしい。
鳥栖駅到着。

 

ホームに降り立ち頭上を見上げると”外国製古レール”が目に入る。
ゆっくりしているのもつかの間、すぐに久留米行きの電車が発車とのこと。慌てて乗り換える。
久留米駅で海鮮食房 清松 – 比翼鶴酒造株式会社に入店。ランチメニューではなく普通の海鮮丼を食べる。

その後、羽犬塚駅で用事を済ませて帰路につく。
帰りは中洲に寄って長浜ラーメン屋台おかもとに入店。入店してから気づいたのですが、今年3月の九州旅行で寄ったところでした。
あの夜は酒でずいぶん酔っていたので当時の記憶が曖昧です笑

 

皮が相変わらず美味しい。その後、中洲の屋台”山幸”でラーメンを食して帰宅。

nginxでBasic認証かけると404になる

kifuyu.netに非公開のページを作りたくてBasic認証を導入しました。
NginxでBasic認証を行うためにはApacheでいう.htaccessのようなファイルに書き足す必要があります。
今回はBasic認証導入後に404が連発してしまったのでその対処のメモ書きです。

▶任意のディレクトリにBasic認証をかける
▶locationの記述位置を誤ると404

・パッケージの導入

$ sudo yum install -y httpd-tools
$ sudo htpasswd -c /etc/nginx/conf.d/.htpasswd <userName>

ここまでで/etc/nginx/conf.d/.htpasswdに <userName>のパスワードが生成されてます。
htpasswdのオプションを-cから-mにするとMD5でハッシュされます。気になる人は後者の方がいいかもしれませn。
ところでNginxでは設定をファイルごとにincludeできるので、私はconf.dというディレクトリを作ってconfファイルを分割して格納しています。

・Nginxのconfファイルの設定を行う

$ vi /etc/nginx/conf.d/<httpの設定が書かれたconfファイル>.conf

ある任意のディレクトリ “nyan”にBasic認証をかけます

server {
location / { ....
    location /nyan/ {
            auth_basic "Auth";
            auth_basic_user_file /etc/nginx/conf.d/.htpasswd;
    } #location /naynの終
} #location / の終

注意しないといけないのはディレクトリ”nyan”のlocation設定がRoot以下のlocation設定内に書かれてないといけないことです。
リファレンス読まずlocationごとに中括弧をつけていたので404連発でした。

しっかし平文でパスワードやりとりするのは…

初日の出を見に飯能へ

12月31日,コミケが終わって一年の終わりを実感します.2017年はいろいろありました.いくぶん大きかったのは就職活動か….自分を見つめる機会になりました.
就職先は関西ということで関東で本格的に過ごすのも今年度で終わりです.

さて,今年も飯能へ初日の出を見に行ってきました.
毎年天覧山は激混みなので少しでも密集度が和らぐ多峯主山への登頂です.

多峯主山山頂の看板

 

日の出の瞬間,中心の輝点が太陽

 

太陽の形がはっきりと

 

今年も幸ある年だと嬉しいな.