Frostbitを導入した

どことなくグランド鎌クロスを彷彿とさせるそれは、CPUではなくM.2 SSD向けのパッシブタイプクーラです。

 

参照先 http://www.scythe-sub.sakura.ne.jp/cooler/grand-kamacross.html

 

M.2 SSD向けのクーラって大抵はヒートシンク1枚であり、それもあまり空気の流れがなさそうなマザーボードの表面におまけ程度で取り付けるようなものです。一方、Frotsbitのクーラはパッシブタイプながらも、フィン部をマザーボードから離せるので、多少は熱を逃がせる格好です。

M.2タイプのSSDは熱を持つというイメージがあるので、せっかくならこれにしようとAmazonでポチりました。

入れ子構造になっており、箱を開けるとヒートシンクと金具が見えてきます。

 

開封の儀を執り行うとグリスや熱伝導シートなどが現れました。CPUグリスはお気に入りがあるのでそれを使うけど、付属にあるものはそこそこ使えるやつだね。悪くないやつ。

気になるヒートパイプの外形はだいたいΦ5mmです。内径わからないけども一応計測。案外小さいために、冷却性はあんまし期待できない??

ほんとうにこれ冷えるんかな…(・∀・)

肝心のSSD実装に移りますが、ここにきてミニトラブル発生。なんだかイメージと異なり、SSDの裏面に熱伝導シート貼っつけてもフレームに設置しない=熱がフレームに逃げない…。あるいは内部に空気の流れができるからそれを見越しての設計?ではなぜシートが2枚あるの…?
Amazonのレビュアーにも似たこと書いている人がいました。
だいたい隙間が1mmなので、いい感じの銅製ヒートシンクがあれば取り付けたいところ。

ぽちぽちとAmazonで調べてるといい感じのプレートを発見。2枚で1000円弱だったの早速購入して、試しに取り付けてみることにした。残りの1枚は別のPCで使うことにした。

幅・長さ・厚みジャストフィットでした。まさかこれ使う前提で設計されてる??これに熱伝導シートを貼り付けて実装。

後はマザーボード本体に取り付けて完成。あまりにもごちゃごちゃしてきたので、エアーフロー改善のため、後日ファンを追加しました。

常用で温度は30~40℃くらいで安定。フィンが大きい分エアーフローをよくできると一層冷えてくれる感じ。ビジュアル的にもかっこいいのでこれはあり。

 

よかったら下記から飛んでください…。

 

i9 9900kを殻割りした

爆熱で有名なCore i9 9900kを殻割りし、クーラで直冷することにした。
道具はROCKIT COOLの殻割り機材。それとダイ直冷のために必要なCPUフレーム。当初はIHSの改装を考えていたので銅製IHSも買ってしまいましたが結局使いませんでした。
購入先:https://rockitcool.thebase.in/items/14875553

 

殻割り機は3Dプリンタで出力されたものらしい。3Dプリンタの出力精度はよくわかりませんが、重量と剛性感があるためIHSを外すには十分な代物でした。

CPUを挟み込んでネジを回すとずるずるっとIHSが剥がれます。
あとは液体金属を表面に塗ってしばらく放置。液体金属がダイ表面に浸透することで、カッターの刃を使わずとも綿棒でソルダリングを除去することができます。

写真見るとわかりますが、作業時はたまにワークエリア外に綿棒が出てしまいます。念のため、養生しておくといいと思います。
あとは研磨剤で表面を磨き、いい感じにつるつるなったら完成です。

CPUソケット部の押さえを直冷用フレームに換装して作業完了です。