クロスパーク勝沼に行ってきた話

 特に予定がなくなったGWの暮、大学の知人達がオフロードバイクで遊ぶというので同行してきました。
なお、2輪の免許は持ってないので見てる専もとい撮影オンリーです。

撮影機材はNikon D7200+Sigma 17-50mm/F2.8(35mmフルサイズ換算で25.5~75mm)のみ…。行っても帰ってからも望遠レンズ持っていけばと後悔。結局トリミングで誤魔化せたから難は逃れたけど…。

 
 遊び場はクロスパーク勝沼。近くには中央道勝沼ICがあり、アクセスしやすそうな立地。(どこ…?)
畑が立ち並ぶ細い道を経て林道へ。その先は鋪装があったりなかったりする道をゴリゴリ進みます。道中は前方車両がスタックしかけたりと、なかなかなもの。十数分揺られ続けて到着。駐車場は三つあり、この日は第1と第2駐車場が開放されていました。


 走り始め前の調整開始。2ストロークの場合はエンジンオイルをガソリンに混ぜるらしいです。(確かに燃焼サイクルからすれば潤滑油張るタイミングないよね…)
混合燃料を準備して、難儀する掛かりを調整した末に吐き出される白煙とそれに満足気な人。暖気を開始して駐車場に響くアイドル音。ピット場のような喧騒な雰囲気はないけど、こういう準備時間好きだなぁ。各々がセッティングのうんちくとか苦労話とかしてくれるからなおさら面白い。よくわからんけど。


 準備を終え受付へ。コースのオーナさんから「撮るだけですか?」と聞かれ、「沼(底のない趣味の世界にようこそ!)にはまるのでやめときます」と答える。一人あたり3000円の会計を済ませると、知人たちは林間コースへ消えていきました。



 コース内への立入りが禁止されていること、安全に近づける場所はあったかもしれないが、こういう施設には慣れていないため、後追いは避けて大人しくオフロードコース内を走るバイクを追いました。
モトクロスと呼ばれる競技らしく、跳んだり滑ったりと荒い荒い (;´∀`)


 今日の天気は悪いという話でしたが、予想を裏切るピーカン。F2.8開放、ISOは200、SSは1/2000~1/1000くらいで安定してました。絞りは2段階くらい上げても全然よかった。風がないため、土埃がいい感じに宙を舞う。
この日なんかはフルサイズ換算で70-200mmがあればちょうど良さそう(あれれ、70-200/F2.8がこちらをミている…)。大会規模であれば100mm~が必要そうかな?


 ほとんどバンク側で撮ってたけど、ザ・オフロードスポーツみたいな画が切り撮れたので満足。
何がいいって、カーブに合わせて土埃が弧を描き残し、速度回復のために吹かすから砂・土が余計に飛ぶんだよね。。走る側としては抑えたいのだろうけど、撮る側としては迫力があって面白かった(*‘ω‘ *)

P.S
2022/5/7 10~12時くらいに走行していた方(車体色:緑、青、赤、灰色の方?)へ
拙い撮影技術で恐縮ですが、走行中の写真を何枚か撮ったのでコメントでご連絡頂ければ写真のリンク先をお送りします。承認するまでコメントは公開されません。

HP T1000Jについて

とある筋から手に入れたヒューレットパッカード社製UPS HP T1000Jは、我が家にきて稼働5年目を迎える。
今日に至るまで、雷による停電からメインPCとサーバを守ってくれたし、電気の使いすぎでブレーカが落ちた際にもシャットダウンまで保ってくれたGood jobなヤツです。
HP T1000 G3というモデルの日本ナイズ化(100V)化された仕様であるものの、個人用途には使われないためか、調べたいときに肝心な情報が見当たらなかったので覚えとしてまとめる。

UPSは必需品ですわ。今のところ買い替えは不要だけど、壊れたらどこのメーカがよさげなんだろうか。

PCI Expressの仕様書

ちょっとした興味が湧いてPCI Expressのことを調べている。PCI Express設計の基礎と応用(畑山 仁)は今読んでる本で、やりたいことへの足がかりになればいいなと思ってる。。
並行してPCI Expressの仕様書が読みたく、ネットをしばし彷徨ってみた。以下、自身のメモ。

・ PCI Express®Base Specification Revision 3.0(November 10, 2010)
https://git.sijman.nl/_/ros/media/branch/master/documentation/PCI_Express_Base_3.0.pdf
・ PCI Express®Base Specification Revision 2.0(December 20, 2006)
https://www.cl.cam.ac.uk/~djm202/pdf/specifications/pcie/PCI_Express_Base_Rev_2.0_20Dec06a.pdf
・ PCI Express®Base Specification Revision 4.0 Version 0.3(February 19, 2014)
https://astralvx.com/storage/2020/11/PCI_Express_Base_4.0_Rev0.3_February19-2014.pdf

・ PCI Express 5.0 Update:Keys to Addressing an Evolving Specification
https://www.tek.com.cn/-/media/china-marketing-documents/pcie/pci-express-5-update-keys-to-addressing-an-evolving-specification.pdf



Jupyterlabの起動に失敗する(2022/4/17起動した)

webスクレイピングがしたくてPythonの勉強を始めることにした。
実行環境はjupyter labと呼ばれるソフトがwindowsでも使えるクロスプラットフォーム仕様だと知り、さっそく環境を整え始めてみたところ下記のようなエラーが登場。。

Jupyter Server Initialization Failed
Error; Jupyter Server process terminated before the initialization completed

起動直後に”Jupyter Server Initialization Failed”なんていう画面が出る羽目に…。

Change environmentを触っても改善できないし、なんでだ??


(2022/4/17追記) 結局原因は分からず、Jupyterlabの再インストールで解決したという全くもって間抜けな幕引きとなった。
当初、エラーの原因は”nativeWindowsOpen”なる関数の値かと思っていたが、調べてみると単にNot recommendedを警告してるに過ぎないことがわかった。
The default of nativeWindowOpen is deprecated and will be changing from false to true in Electron 15.

このあとに“Jupyter Server initialization message: Traceback (most recent call last)~”ってのが続き、最終的には”ImportError: DLL load failed while importing _ssl”として、DLLのインポートがうまくできなかったと表示される。画像の通り、肝心のDLL名あるいはその内容は文字化けしている。日本語環境由来のエラー?


でもローカルユーザ名はアルファベットにしているしなんでだろう…。あるとすれば、ユーザ名Public(パブリック)を2バイト文字で認識して読み込んでいるため、ファイルパスが読み取れていない?

…うーんよくわからん、、DLLも手動で入れたくない、、
ということでクリーンインストールに至り、結果として無事にJupyterが起動してしまった。。(インストール先はgeneralな場所じゃなくて、2バイト文字が含まれないpersonalな場所)

以下参照先、
Jupyter Server Initialization Failed · Issue #381 · jupyterlab/jupyterlab-desktop · GitHub
[Bug]: Webview is causing the warning “default of nativeWindowOpen is deprecated” · Issue #31784 · electron/electron · GitHub
「Electron 14」が正式公開 ~次のバージョンからリリース間隔は12週間→8週間に – 窓の杜

ThinkPad X1 Carbon用にインナーケースを購入

Thinkpad X1 Carbon Gen 9thの持ち運び用にインナーケースをポチった。
予算2,000円弱、14インチケースで良さげなものがないか密林を散策していたことろ、NIDOOなるメーカのインナーバッグを発見した。購入時は1,700円だった。


配色はダークグレー、サイズは14インチを選択。派手な装飾や余計なポケットがなく、落ち着いた感じ。


収納具合はピッタリではなく、隅っこにパソコンの角を合わせるとそれぞれ親指1関節分くらいの余裕がある。ただし、この余裕に対して純正45WのACアダプタは入らない。15.6インチなら入りそうだけど、スマートじゃないなあ。本体をバッグにフィットさせたい場合は一回り小さい13-13.3インチでも良さそう。
表面ポケットは薄く、収納できるものは限られる。メモやボールペンくらいか…。
 内部は毛布になっていて柔らかく、色味はAmazon記載の写真と同じだと思う。(たまにAmazon掲載写真は嘘があるから…)


ファスナーはアルミ製と思われ、厚みは3mmくらいで小さすぎず大きすぎない。また、表面のプレートとともに光沢が少ない仕上がりになっている。
あからさまな安っぽさは見えず、メーカさんは頑張ってると思う。