WAN/LANのインバウンドが恐ろしく低下した話

自宅サーバはAsus H370 F gamingにwindows server 2019をインストールしています。最近、WAN側のインバウンド経路で通信速度が7~8Mbps(平時500mbpsを平気で出す)程度に留まってしまう現象に陥りました。

思い浮かぶ原因はルータやL2スイッチ、LANケーブルやNICの物理的故障、設定的なところ、VPNやプロキシを挟んでしまうなど挙げられます。しかし、今回どれを試しても状況は変わりません。

しまいにはWAN側だけでなく、LAN側 のインバウンドも超絶速度低下してしまいました。
現像PCから写真を1枚送ったらエクスプローラがフリーズするほどです…

 

トラブルシューティングを進めるにつれて、NICに原因があることはわかりました。
ただNIC自体の物理故障に直面したことは経験になく、もしも修理になるのであれば、1年のメーカー保証が切れてしまう前につくもへ駆け込む必要がありました。(昨年7/9購入)
引っ越し以来触っていないレシート箱をひっくり返し…

ところが物理故障の確信を持つためLinuxから確認してみると、問題なく速度がでます。
そこでようやくドライバが悪さしていることに気づきました(´・ω・`)

そもそもこのマザーボード。windows serverに対応していないのです(添付ドライバCD的な意味で)
なので組立時はいろいろな所からドライバをかき集めたのでした。
特にLANのドライバはwindows server の場合、少しコツが必要で「windoows server lan 無理やり」なんてやや卑猥なワードで調べると似たような事例がぽんぽん出てきます。
私の場合はこれすら面倒で、ドライバインストール時に汎用ドライバ一覧から近そうな名前のデバイスをインストールしたのでした…(Intel I219-Vに対してI219-LMをねじ込む)

 

今回もドライバを適当に当て直してみたところ、元通りの速度が出てくれたのでした。。。
というわけで、WANやLANの速度が恐ろしく低下してしまった場合は、ドライバの再インストールをしてみる必要ありますね。
結局正規ドライバいれずにいるけど、とりあえず動いてくれてるからいっかー、という状況(´ε`;)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA