撮りたい写真とは?

たびたび「撮りたい写真は何なのか」という私自身の疑問であり周囲から聞かれるときがある.

風景写真は好きだし,何気なく写すことができた人の顔や仕草も好きだ.けれど具体的に撮り続けたいと思う被写体にいまだ出会っていない.
なんで改めた話をするかってーと,摩周湖で会った写真家の方に「地元でどんな写真を撮っている?」と聞かれた.言葉に詰まる.
その方はもうかれこれ10年以上”摩周湖”を撮っているらしい.惹かれるものがそこにあるのはわかる.実際私もその光景が撮りたくて出向いた.しかし,惹かれ度合いが,執念が,熱意が違う.一体どこから生まれてくるんだろう.
先日,写真フォルダを見返す機会があったが,ほとんどは記録写真でありどんなにシャッターを切っても切っても撮りたい写真の決め手が撮れていないと気づいた.…もしかすれば心打たれた光景を写真に残すことのできないもどかしさから逃げているだけなのではと思う.

理想が高すぎるあまり,撮りたい自然や風景から逃げているという答えなんだろう.

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA